食事中のマナー

ビールホテルのレストランで食事をする時、基本的なマナーはわきまえておくのが大切です。あまりかしこまった場で食事をされた経験がない方にとって、基本中の基本を知らない事も多い事でしょう。まず、食事中は食器による音や食事による音を立てないようにします。有名なマナーとしては「スープ」を飲む時の音です。スープをすする音はマナー違反となるため、静かに口の中に流し込むように食します。また、食事のほかには、ホテルのレストランでは、大声で会話をするのはNGであるため、近くの人に迷惑をかけない程度に、小声で会話しましょう

また、基本的にナプキンが用意されており、これは膝の上に、二つ折りにした状態で乗せておきます。トイレなどで席を立つ場合、ナプキンはテーブルの上ではなく、座席の上におくのが基本です。これは席を一時的に外している証拠にもなります。なので、食事が終わった時に関しては、ナプキンをテーブルの上に置いておく形で問題ありません。その場合、綺麗にたたんでおくのではなく、多少雑なまとめ方でも問題ありません。ホテルのレストランに行く前には、多少のマナーを踏まえておいた方が安心なので、恥ずかしい思いをしてしまわないよう、基本は学んでおきましょう。

次の頁>>>食事前の知識